研究 - 研究紹介, メンバー, 設備                                                                                                                                                 研究紹介
 

RESUME

基本情報

学歴

職歴

担当講義

研究分野

学外活動

受賞歴

著作

 

LIST

主要論文

シンポジウム、国際会議等実績

 




















































PDF
  高橋 佑弥 助教
                    

基本情報 :
生年月日: 1986年1月10日
出生地: 岩手県
国籍: 日本

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

学歴 :
2004.3: 岩手県立花巻北高等学校卒業
2008.3: 東京大学工学部社会基盤学科卒業
2010.3: 東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻修士課程修了
2013.3: 東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻博士課程修了

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  Top 

職歴 :
2012.4-2013.3: 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
2013.4-2014.1: 日本学術振興会 特別研究員(PD)
2014.2-: 東京大学工学系研究科社会基盤学専攻 助教

研究 :
2012.1-2012.5: Oxand.France 客員研究員

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  Top 

担当講義 :
基礎プロジェクトU(学部)
応用プロジェクトIV(学部)
フィールド演習(学部)
国際インフラ建設プロジェクトにおける技術とマネジメントE(大学院)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  Top 

研究分野 :

無機複合材料の平衡/非平衡系熱力学モデリング

自然地盤-セメント系材料連成系の環境影響評価

社会基盤施設の維持管理システムの開発

化学反応による大変形を生じる構造コンクリートの耐久性力学

 

研究費受給歴:

H24-25 文部科学省科学研究費 日本学術振興会特別研究員奨励費「マルチスケール熱力学連成解析システムによる多孔体材料中の物質移動および反応解析(研究代表者)」

H26 セメント協会研究奨励金「極微小空隙中の塩化物イオン・液状水移動に着目した三成分系コンクリートの塩分遮蔽性能・耐久性評価(研究代表者)」 

H27-28 文部科学省科学研究費 若手研究(A)「ゲル・液状物質の膨張による劣化が生じるコンクリート構造のマルチスケール耐久性力学 (研究代表者)」

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  Top 

学外活動 :
所属学会
1.土木学会
2.日本コンクリート工学会
3.地盤工学会
4.ダム工学会
5. RILEM

委員会活動
1. 土木学会コンクリート委員会 セメント系構築物と周辺地盤の化学的相互作用研究小委員会(JSCE345)第一期,2011-2013
                                                                第二期,幹事長 2015-
2. 日本コンクリート工学会 関東支部若手会21 メンバー 2013-
3. 日本コンクリート工学会 JCI創立50周年記念事業実行委員会 出版刊行物部会 2014-2015
4. 土木学会コンクリート委員会 コンクリートにおける水の挙動研究小委員会(JSCE349) WG2主査 2014-2017
5. 土木学会コンクリート委員会 コンクリート構造物の品質確保小委員会(JSCE350) 2014- 
6. 土木学会コンクリート委員会 コンクリート構造物の設計と連成型性能評価法に関する研究小委員会(JSCE351) WG3幹事 2015-
7. 日本コンクリート工学会 性能規定に基づくASR制御型設計・維持管理シナリオに関する研究委員会(JCI-TC152A) 2015-
8. RILEM TC ISR(Prognosis of deterioration and loss of serviceability in structures affected by alkali-silica reactions) 2015-
9. 土木学会コンクリート委員会 コンクリートの性能に及ぼす高温作用の影響評価研究委員会(JSCE352) WG2幹事 2016-
10. 土木学会コンクリート委員会 混和材料を使用したコンクリートの物性評価技術と性能規定型材料設計に関する研究小委員会(JSCE353)        2016-
11. 土木学会 全国大会委員会プログラム編成会議委員 2016-
12. RILEM TC NUM(NUmerical Modelling of cement-based materials) 2016-
13. 日本コンクリート工学会 廃棄物処分コンクリート技術研究委員会 2017-
14. 日本コンクリート工学会 鉄筋コンクリート構造物の複合劣化機構の解明とその対策に関する研究委員会 2017-


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  Top 

受賞歴
2010: 古市賞(東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻修士論文)
2010: 第65回土木学会年次学術講演会優秀講演者賞
2012: 第66回セメント技術大会優秀講演者賞
2012: 日本コンクリート工学会 コンクリート工学年次論文奨励賞
2012: GCOE cSUR young researcher award 2012
2013: 第67回セメント技術大会優秀講演者賞
2013: SCMT3 selected paper for journal (CBM)(石田と共同)
2013: SCMT3 selected paper for journal (ACT)
2014: 前田記念工学新興財団 山田一宇賞
2014: ACF2014 Best Paper Award(柴田、前川と共同)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  Top 

著作


 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  Top 

主要論文 :

           
学位論文
2013

博士論文: マルチスケール熱力学モデルによるセメント−地盤連成系のイオン遮蔽性能評価

2010

修士論文: コンクリート中の液状水移動に着目した塩分浸透メカニズムの検討

2008

卒業論文: 塩害環境におかれた地下構造物の漏水履歴の推定と鋼材腐食解析

学術論文(英文)
2017 Tanaka, Y., Takahashi, Y. and Maekawa, K. (2017). Remaining Fatigue Life Assessment of Damaged RC Decks -Data Assimilation of Multi-scale Model and Site Inspection-, Journal of Advanced Concrete Technology, 15(7), 328-345.  <web>
Gong, F., Takahashi, Y. and Maekawa, K.  (2017) "Strong Coupling of Freeze-Thaw Cycle and Alkali Silica Reaction -Multi-scale  Poro-mechanical Approach to Concrete damages -" Journal of Advanced Concrete Technology, 15(7), 346-367. <web>
2016 Takahashi, Y., Ishida, T. (2016). "Modeling of Chloride Transport Resistance in Cement Hydrates by Focusing on Nanopores" Journal of Advanced Concrete Technology, 14(11), 728-738. <web>
Takahashi, Y., Ogawa, S., Tanaka, Y. and Maekawa, K. (2016). "Scale-Dependent ASR Expansion of Concrete and Its Prediction coupled with Silica Gel Generation and Migration" Journal of Advanced Concrete Technology, 14(8), 444-463. <web>
2014 Takahashi, Y., Ishida, T.: Modeling of Coupled Mass Transport and Chemical Equilibrium in Cement-Solidified Soil Contaminated with Heavy Metal Ion, Construction and Building Materials, 67(2014) 100-107  <web>
 
土木学会論文集
2014

高橋佑弥, 石田哲也, 岸利治:微小空隙中の塩化物イオン・液状水移動に着目したセメント硬化体の遮塩性能評価モデル, 土木学会論文集E2(材料・コンクリート構造), Vol.70, No.1, 119-133, 2014 <web>

セメントコンクリート論文集
2013

高橋佑弥, 石田哲也 :熱力学連成解析によるセメント改良体の六価クロム不溶化・溶出過程の解析,セメントコンクリート論文集, Vol.67, pp.472-479,2013  <web>

コンクリート工学年次論文報告集
2017 細井雄介,Rungrawee Wattanapornprom,石田哲也,高橋佑弥:2つの手法を用いた27か月間の現地飛来塩分測定と測定結果に基づく飛来塩分発生・輸送モデルの検証,コンクリート工学年次論文集,Vol.39,No.1,pp.733-738,2017
2016 高橋佑弥,田中泰司,前川宏一:固液二相モデルを用いたASR膨張モデルと床版疲労解析への応用,コンクリート工学年次論文集,Vol.38,No.1,pp.1029-1034,2016
2015 小柳翔平,高橋佑弥,石田哲也:高炉スラグ微粉末及びフライアッシュを混和したセメント硬化体の材料物性・塩分浸透性状の経時変化に関する検討,コンクリート工学年次論文報告集,Vol.37,No.1,pp.109-114,2015
2014 高橋佑弥,Elakneswaran Yogarajah,林政典,石田哲也:空隙壁面の電気的性状を考慮した拡散モデルによるモルタルの塩分浸透解析,コンクリート工学年次論文報告集,Vol.36,No.1,pp.898-903,2014
2013 高橋佑弥,石田哲也,山本努,小椋紀彦:塩害環境下にある地下シールドトンネルの漏水履歴推定と鋼材腐食解析,コンクリート工学年次論文報告集,Vol.35,No.1,835-840,2013
2012 高橋佑弥,石田哲也,岸利治:低水セメント比領域に着目したコンクリート中の塩分浸透および液状水移動に関する熱力学連成解析の高度化,コンクリート工学年次論文報告集,Vol.34, No.1, 796-801, 2012
2010 高橋佑弥,井上翔,秋山仁志,岸利治:実構造物中のフライアッシュコンクリートへの塩分浸透性状と調査時材齢の影響に関する研究,コンクリート工学年次論文報告集,Vol.32,No.1,pp.803-808,2010
セメント技術大会講演要旨
2015 高橋佑弥,小柳翔平,石田哲也:高炉スラグ微粉末とフライアッシュを混和した三成分系セメントの水和進展および塩分遮蔽性能の経時変化,第69回セメント技術大会講演要旨,pp.244-245、2015
2014 高橋佑弥,林政典,石田哲也:高炉スラグ微粉末およびフライアッシュを用いたセメント硬化体の塩分遮蔽性能に関する実験的検討,第68回セメント技術大会講演要旨,pp.296-297,2014
2013 高橋佑弥,石田哲也:熱力学−地球化学連成解析システムによる様々な酸化還元環境下の六価クロム溶出解析,第67回セメント技術大会講演要旨,pp.332-333,2013
2012 高橋佑弥,石田哲也:セメントペーストによる六価クロム固定量試験と熱力学連成解析を用いた不溶化汚染土の溶出解析,第66回セメント技術大会講演要旨,pp.232-233,2012
蓑毛宏明,石田哲也,高橋佑弥:超臨界CO2と接したセメントペーストの炭酸化進行モデルの構築 ,第66回セメント技術大会講演要旨,pp.134-135,2012
地盤工学研究発表会研究要旨
2013 高橋佑弥,石田哲也:熱力学連成解析システムによる移流環境および還元環境下における六価クロム溶出解析,第48回地盤工学研究発表会講演要旨,No.1120,2013
2011 高橋佑弥,石田哲也:マルチスケール熱力学連成解析システムによる不溶化処理を行った六価クロム汚染土の溶出解析,第46回地盤工学研究発表会概要集,No.1034,2011
土木学会年次学術講演会講演概要集
2016 小川森平,高橋佑弥,前川宏一:ASRゲルの移動性に伴うコンクリート膨張の寸法効果,土木学会第71回年次学術講演会講演概要集,第V部,pp.1043-1044,2016
細井雄介,石田哲也,高橋佑弥,温品達也,渡邉賢三:塩水浸漬試験による混和材を用いたモルタルの塩分浸透性状に及ぼす養生の影響,土木学会第71回年次学術講演会講演概要集,第V部,pp.745-746,2016
2015 高橋佑弥,小柳翔平,石田哲也,渡邉賢三:混和材種類と複数の養生方法を組み合わせたモルタル供試体の塩分浸透暴露試験,土木学会第70回年次学術講演会講演概要集,第X部,pp.121-122,2015
2014 高橋佑弥,柴田洸希,前川宏一:ASR作用を受けた一軸拘束供試体の固液二相物理化学モデルによる膨張解析,土木学会第69回年次学術講演会講演概要集,第V部,pp.33-34,2014
2013 高橋佑弥,石田哲也:熱力学連成解析システムを用いた低W/C領域に着目したモルタルの塩分浸透解析,土木学会第68回年次学術講演会講演概要集,第X部,pp.995-996,2013
2010 毛塚貴洋,高橋佑弥,岸利治,魚本健人:表層透気係数と電気泳動試験結果の相関に関する一検討,土木学会第65回年次学術講演会講演概要集,第V部,pp.595-596,2010
高橋佑弥,岸利治:フライアッシュコンクリートの塩分浸透抑制現象と液状水浸潤限界の関与,土木学会第65回年次学術講演会講演概要集,第V部,pp.353-354,2010
2008 高橋佑弥,石田哲也,香川沙絵:塩害環境におかれた地下構造物の漏水履歴の推定と鋼材腐食解析,土木学会第63回年次学術講演回講演概要集,第V部,pp.445-446,仙台,2008
解説論文・総合報告等
2017 前川宏一、田中泰司、高橋佑弥、ICT技術と繋がる橋梁維持管理技術とイノベーション、橋梁と基礎、2017-8, 15-18
2014 酒井雄也,岡崎慎一郎,高橋佑弥:コンクリート中の水の動き,セメント・コンクリート,No.418,pp.69-73,2014.10
2012 石田哲也,高橋佑弥:マルチスケール熱力学連成解析システムによるセメント改良地盤からの六価クロム溶出影響評価,環境安全(ISSN 0910-125X),135,3-8,2012.12

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  Top 

シンポジウム、国際会議等実績 :


2017 Takahashi, Y., Taguchi, R. and Maekawa, K: Data Assimilation for Performance Assessment of Existing Structural Concrete damaged by Alkali Silica Reactions, Fifteenth East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering & Construction, pp.1303-1311, Oct. 11-13, 2017, Xi’an, China
Fuyuan, G., Takahashi, Y. and Maekawa, K: Modeling of the Expansion under Combined Freeze-thaw Cycles and Alkali Silica Reaction for Concrete Material, Fifteenth East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering & Construction, pp.1312-1319, Oct. 11-13, 2017, Xi’an, China
Wang T., Ishida, T. and Takahashi, Y.: Modelling of Temperature-Dependent Pozzolanic Reaction of Low-calcium Fly Ash in Blended Cement Paste, Proceedings of 10th ACI/RILEM International Conference on Cementitious Materials and Alternative Binders for Sustainable Concrete, pp.17.1-17.14, Oct. 2-4, 2017, Montreal. Canada
Shimpei Ogawa, Yuichiro Tanaka, Yuya Takahashi, Koichi Maekawa: Effect of Preceding Cracks on ASR Expansion of Concrete and Its Poro-Mechanical Modeling, Proceedings of Sixth Biot Conference on Poromechanics, pp.778-786,9-13 July 2017, Paris, France
Ryo Taguchi, Yuya Takahashi, Koichi Maekawa: Long-Term Load Bearing Capacity of Reinforced Concrete Coupled with Poromechanical Model for Alkali Silica Reaction, Proceedings of Sixth Biot Conference on Poromechanics, pp.770-777,9-13 July 2017, Paris, France
J M Bereder, Y Mitsuya, Y Takahashi, K Dobashi, M Uesaka, J Kusano, Y Tanaka, Y Oshima and M Ishida: Development of 3.95 MeV X-band linac-driven x-ray combined neutron source, 8th Int. Particle Accelerator Conf.(IPAC'17), pp.4692-4694, Copenhagen, Denmark, 14-19 May, 2017
2016 Takahashi, Y., Tanaka, Y. and Maekawa, K.:Multi-scale Fatigue Simulations of RC Bridge Slabs Subjected to ASR Expansions, Proceedings of the 7th International Conference of Asian Concrete Federation, No.28, Oct. 30-Nov. 2, Hanoi, Vietnam, 2016
Koichi Maekawa, Yuya Takahashi: Modelling of Microstructure Development and Disintegration of Cementitious Composite under Repeated Pore Water Pressure in Micro-Spaces, Proceedings of 3rd International RILEM Conference on Microstructure Related Durability of Cementitious Composites, pp.1-8, 24-26 October 2016, Nanjing, China
Takahashi, Y., Tanaka, Y., Maekawa, K.:Chmo-hygral and poro-mechanical modeling for ASR and structural performance assessment of RC bridge decks, Proceedings of 15th Intenational Conference on Alkali Aggregate Reaction in Concrete, No.100, 2016
Y. Tanaka, Y. Takahashi and K. Maekawa: Crack-gel interaction on the static and fatigue failure of ASR-damaged RC slabs, Proceedings of 9th International Conference on Fracture Mechanics of Concrete and Concrete Structures, FraMCoS-9, DOI 10.21012/FC9.243, 2016
2015 T. Ishida, Y. Takahashi and R. Wattanapornprom: Numerical simulation of chloride migration in concrete structure under harsh environmental conditions, International Conference on the Regeneration and Conservation of Concrete Structures (RCCS), June 1-3, 2015, Nagasaki, Japan (Keynote)
Takahashi, Y., Shibata, K., Maruno, M. and Maekawa, K. (2015). Uniaxial Restraint Tests under High-Stress Conditions and a Chemo-Hygral Model for ASR Expansion, CONCREEP 10, Mechanics and Physics of Creep, Shrinkage and Durability of Concrete and Concrete Structures, 1061-1065
Tanaka, Y., Takahashi, Y. and Maekawa, K. (2015). Computational Fatigue Life Assessment of Corroded Reinforced Concrete Beams, CONCREEP 10, Mechanics and Physics of Creep, Shrinkage and Durability of Concrete and Concrete Structures, 1308-1315
Takahashi, Y., Tanaka, Y. and Maekawa, K. (2015). Chemo-hygral model for ASR expansion and its effects on fatigue lives of bridge slabs, XIII Int. Conf. on Computational Plasticity. Fundamentals and Applications, 944-955
2014 Takahashi, Y., Elakneswaran, Y., Ishida, T.:Modellings of Chloride Ion Transport in Mortars Considering Electrokinetic Behaviors at Pore Walls, Proceedings of the RILEM International Symposium on Concrete Modelling,  pp.343-350, 2014
Ishida, T., Takahashi, Y., Wattanapornprom, R.: Numerical Simulation of Chloride Migration in Concrete Structures under Harsf Environmental Conditions, Proceedings of the RILEM International Symposium on Concrete Modelling, p.5, 2014
Takahashi, Y., Shibata, K., Maekawa, K.:Chemo-Hygral Modeling and Structural Behaviours of Reinforced Concrete Damaged by Alkali Silica Reaction, Proceedings of ACF2014, pp.1274-1281, 2014
Gebreyouhannes, E., Takahashi, Y., Maekawa, K.:A Poro-mechanical approach for Assesing the Structural Impacts of Corrosion in Reinforced Concerete Members, Proceedings of the 1st Ageing of Materials & Structures 2014 Conference, pp.354-362, 2014
Takahashi, Y., Shibata, K., Maekawa, K.:Chemo-Hygral Modeling of Structural Concrete Damaged by Alkali silica Reaction, Proceedings of the 1st Ageing of Materials & Structures 2014 Conference, pp.424-431, 2014
2013 Takahashi, Y., Ishida, T.: Modeling of Chloride Ion Ingress and Liquid Water Movement in Mortars and Concretes with Low Water-to-Cement Ratio, Third International Conference on Sustainable Construction Materials and Technologies - SCMT3, e345, 2013
Ishida, T., Takahashi, Y.: Modeling of Coupled Mass Transport and Chemical Equilibrium in Cement-Solidified Soil Contaminated with Heavy Metal Ion, Third International Conference on Sustainable Construction Materials and Technologies - SCMT3, e354, 2013
高橋佑弥,石田哲也:熱力学連成解析システムによる六価クロム汚染土のセメント不溶化・溶出過程の解析,第19回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集,pp.446-451,2013
2012
Hiroaki Minoo, Tetsuya Ishida and Yuya Takahashi: Thermodynamic modeling of carbonation of cementitious materials in contact with supercritical CO2, International Concference on Greenhouse Gas Technologies (GHGT-11), Kyoto, Japan, Nov., 2012
高橋佑弥:熱力学連成解析による六価クロム不溶化汚染土の溶出解析,東京大学グローバルCOE 都市空間の持続再生学の展開 年次総会2012 ポスターセッション,2012.6
細田暁,林和彦,半井健一郎,李春鶴,石田哲也,高橋佑弥,松田芳範:山口県の構造物から採取したコアの物質移動抵抗性に関する分析,構造物表層のコンクリート品質と耐久性能検証システム研究小委員会(JSCE335委員会)第二期報告書およびシンポジウム講演概要集,コンクリート技術シリーズ97,667-674,2012
岸利治,高橋佑弥,Islam Md. Shafiqul,酒井雄也:コンクリート中への塩分浸透停滞現象の確認と液状水浸透挙動との相関に関する研究,コンクリート中の鋼材の腐食性評価と防食技術研究小委員会(338委員会)成果報告書(その2)およびシンポジウム論文集,コンクリート技術シリーズ99, pp.361-368,2012
2010 Takahashi, Y., Kishi, T., Yamada, Y.:Chloride ion ingress and its dependence on liquid water penetration in fly-ash concrete, Proceedings of the 2nd International Conference on Durability of Concrete Structures ICDCS2010, pp.285-292, 2010
Kezuka, T., Takahashi, Y., Kishi, T., Uomoto, T.: Fundamental Study on Correlation between Air Permeability Test of Torrent Method and Electrophoresis test of Concrete, The Asian Concrete Federation International conference, 4th ACF 2010, No.Tue-S5.1-01, 2010
高橋佑弥,岸利治,糸山豊:フライアッシュを用いた護岸コンクリート構造物の液状水移動に着目した塩分浸透性状の検討,混和材料を使用したコンクリートの物性変化と性能評価研究小委員会(333委員会) No.2,コンクリート技術シリーズ89,pp.449-454,2010
2009 高橋佑弥,岸利治,山田義智,岡本賢志:フライアッシュを含む護岸コンクリートの塩化物イオン浸透性状と見かけの拡散係数の調査時材齢による相違,コンクリート中の鋼材の腐食性評価と防食技術研究小委員会(338委員会)委員会報告書,コンクリート技術シリーズ86,pp.425-432,2009
2008 Takahashi, Y., Kagawa, T., Ishida, T., Numerical Simulation of Chloride-Induced Steel Corrosionin Underground RC Structures under Various Water Leakage History, Eleventh East Asia-Pacific Conference on structual Engineering & Construction (EASEC-11), Structural Engineering, Durability, No.146, Taipei, 2008

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  Top 

研究 - 研究紹介, メンバー, 設備                                                                                                                                                  研究紹介

Copyright © 2008 Concrete Laboratory