種別(Category) 博士論文

 

Doctor thesis
タイトル(Title)  
Local-Contact Damage Based Modeling of Shear Transfer Fatigue in Cracks and Its Application to Fatigue Life Assessment of Reinforced Concrete Structure
著者(Author) Gebreyouhannes Esayas(エチオピア)
Gebreyouhannes Esayas(Ethiopia)
主査(Supervisor) 前川宏一教授
Prof. MAEKAWA Koichi
キーワード(Keyword)  
 
掲載誌(Magazine) 東京大学博士論文
Doctor thesis, the Univ. of Tokyo
発表年・月(Published Year, Month) 2008.3
論文入手先(Place to obtain) 東京大学図書館
Library of the Univ. of Tokyo
要旨(Abstract) 高サイクル応力履歴に対応可能なせん断伝達構成式を,マルチスケール型接触面密度関数モデルに基づき定式化した。これを2次元非線形応答解析システムに組み込み,直接積分に基づく高サイクル疲労応答解析をもっとも厳密な形で実現,定点ならびに移動荷重に対する応答と疲労破壊寿命の解析を可能とした。