種別(Category) 博士論文

 

Doctor thesis
タイトル(Title) セメント系複合材料・地盤連成系を対象とする多相物理化学モデル
Multi Chemo-Physical Modeling of Coupled Cementitious Composites and Geomaterials
著者(Author) 半井健一郎(日本)
NAKARAI Kenichiro(Japan)
主査(Supervisor) 前川宏一教授
Prof. MAEKAWA Koichi
キーワード(Keyword)  
 
掲載誌(Magazine) 東京大学博士論文
Doctor thesis, the Univ. of Tokyo
発表年・月(Published Year, Month) 2005.9
論文入手先(Place to obtain) 東京大学図書館
Library of the Univ. of Tokyo
要旨(Abstract) 熱力学連成解析システムの高度化を進めると共に,土粒子間空隙モデル(マイクロ〜ミリ)を導入し,未改良地盤材料やセメント改良土をも解析対象とした一般化解析手法を開発.水和や空隙構造等の時間依存材料特性との相関を考慮したカルシウム溶脱解析モデルを開発し,超長期の材料劣化予測を実現.「土木学会論文奨励賞」,「前田工学賞」を受賞.