種別(Category) 博士論文

 

Doctor thesis
タイトル(Title) 腐食ひび割れと鉄筋破断を内在する鉄筋コンクリートの数値構造性能照査
Computional Assessment for Structural Performance of Damaged Reinforced Concrete with Built-in Corrosive Cracking and Reinforcement Rupture
著者(Author) Kukrit Toongoenthong(タイ)
Kukrit Toongoenthong(Thai)
主査(Supervisor) 前川宏一教授
Prof. MAEKAWA Koichi
キーワード(Keyword)  
 
掲載誌(Magazine) 東京大学博士論文
Doctor thesis, the Univ. of Tokyo
発表年・月(Published Year, Month) 2004.9
論文入手先(Place to obtain) 東京大学図書館
Library of the Univ. of Tokyo
要旨(Abstract) 鋼材腐食等に因るひび割れや損傷を内包する構造部材の残存性能を評価する数値解析法を提示したものである。鋼材腐食はそれ自体の断面欠損よりも,むしろ周辺コンクリートに強い異方性を導入することで,ひび割れ間の相互作用を励起し,ひいては部材の耐力と変形能に影響を及ぼす点に着目した。特に定着部の損傷と補強鋼材端部の列断を定量評価することが可能となった。さらに鋼材腐食によるひび割れ進展において,進展ひび割れ間に貯留される腐食ゲルの応力緩和効果を考慮する新たな数値解析法を提示,解析精度の大幅な向上を与えている。「日本コンクリート工学協会論文賞(前川と共同)」を受賞。