種別(Category) 博士論文

 

Doctor thesis
タイトル(Title) 細孔内水分の熱力学状態量に基づくコンクリートの複合構成モデル
Multi-scale Constitutive Model of Concrete Based on Thermodynamic States of Moisture in Micro-pores
著者(Author) 朱銀邦(中国)
ZHU, Yinbang(China)
主査(Supervisor) 前川宏一教授
Prof. MAEKAWA Koichi
キーワード(Keyword)  
 
掲載誌(Magazine) 東京大学博士論文
Doctor thesis, the Univ. of Tokyo
発表年・月(Published Year, Month) 2004.
論文入手先(Place to obtain) 東京大学図書館
Library of the Univ. of Tokyo
要旨(Abstract) コンクリート複合体のクリープ変形,乾燥収縮および自己収縮変形を,セメント硬化体の時間に依存する変形抵抗性と毛細管張力並びに吸着水に関与する分子間力から予測するマルチスケール型時間依存構成則を導出し,その適用性の検証を多角的に行ったものである。層間水,ゲル水,キャピラリー水の動力学的特性を熱力学並びに微小固体科学の観点から定式化することで,セメント硬化体の短期および長期にわたる変形特性を統一的に与えることに成功したものである。このマルチスケール固体モデルは,熱力学連成解析システムDuCOM−COM3に実相され,実環境下の巨視的なコンクリートの変形および内部応力の評価に使用されている。「土木学会論文賞(石田,前川,浅本と共同)」を受賞。