種別(Category) 博士論文

 

Doctor thesis
タイトル(Title)  
Micro Computational Approach to Post Cracking Constitutive Laws of Reinforced Concrete and Application to Nonlinear Finite Element Analysis
著者(Author) Masoud Soltani MOHAMMADI(イラン)
Masoud Soltani MOHAMMADI(Iran)
主査(Supervisor) 前川宏一教授
Prof. MAEKAWA Koichi
キーワード(Keyword)  
 
掲載誌(Magazine) 東京大学博士論文
Doctor thesis, the Univ. of Tokyo
発表年・月(Published Year, Month) 2002.9
論文入手先(Place to obtain) 東京大学図書館
Library of the Univ. of Tokyo
要旨(Abstract) 局所的な材料非線形とひび割れ位置での局所鉄筋変形を厳密に解くことで平均化RC構成則を導出し,これまで半経験則として採用されてきたひび割れと鉄筋交差角に依存する空間平均降伏強度とtension-stiffness,RC中のせん断軟化挙動を厳密に与えることに成功,既往のモデル化の厳格な証明を与えた。無筋および鉄筋コンクリート境界領域でのtension-softening-stiffening遷移モデルを提示し,過少鉄筋比構造の精度をさらに向上させた。