FUJIYAMA Chikako

合成床版の破壊形態と疲労寿命に影響を及ぼすずれ止めによるコンクリートの拘束効果と,鋼 材とコンクリート境界面の初期付着および摩擦特性に着目し,実験と数値解析の両面から疲労 損傷機構を研究.合成床版の破壊過程を明らかにし,数値解析による合成床版の疲労寿命解析 の有効性を示した.合成床版の疲労限界と終局限界を数値解析によって数量化し,鉄筋コンク リート床版とは異なる合成床版の合理的な疲労限界評価指標を提示した.


 

 


Copyright © Concrete Laboratory