千々和 伸浩

定着部に損傷を有する鉄筋コンクリート梁部材のせん断耐荷機構の観点から,腐食に伴うひび割れ損小を力学的に数値計算で再現する方法を考案.さらに定着部に損傷が発生した場合,痛んだ個所を直接補修補強し原状復帰を目指すのではなく,既存損傷は現状レベルで保持しつつも,外力作用により新たな損傷が進展すると想定される領域に補強を施すという'予防先行型補強'を発案.その有効性を実験解析によって実証した.


Copyright © Concrete Laboratory