Prince O'Neill Iqbal

様々な乾湿繰り返し条件を制御された実験室環境で綿密に再現し,水分移動との連成に着目して,塩化物浸透挙動を実験ならびに解析の両面から詳細に検討した.水分に関する境界条件と液状水移動モデルの精度が塩分浸透予測に大きく影響することを示し,モデルの高精度化を行った.またひび割れを近似的に表現するために,ミリメートル寸法の空隙構造モデルを付加し,ひび割れによる塩化物イオン浸透加速を再現することに成功した.


Copyright © Concrete Laboratory