浅本 晋吾

マルチスケール型時間依存構成モデルの高度化を図り,長期挙動・高温環境など種々の環境・境界条件の時間依存挙動の精度向上を達成.また,細孔空隙中の水分状態に基づいたセメント硬化体の体積変化機構を実験的に検討し,解析モデルの妥当性を示した.さらに,実構造物のひび割れ照査に本解析システムを適用し,過大なひび割れの発生機構解明に貢献した.

「土木学会論文賞(石田,前川,朱と共同)」,「土木学会論文奨励賞」を受賞。


Copyright © Concrete Laboratory