Kyo-Yong, CHOI

温度履歴と乾燥履歴の両者が同時に作用する条件下での,鉄筋コンクリートの引っ張り挙動を実験的に明らかにした。また,実験からコンクリートが負担するTension stiffnessを抽出した。温度と乾燥の組み合わせ履歴に対して,ひび割れ発生平均応力が算定できれば,それ以後のひび割れ分散性と平均引っ張り剛性はほぼ比例的に評価が可能であることを実証した。また,局所的な変形もあわせて計測を行い,温度,湿度履歴の違いによって個々のひび割れ幅性状は大きくことなるものの,ひび割れの集合として表されるtension stiffnessで表現すれば,ほぼ一意的に表現が可能であることを示し,温度および湿度変動下でのRCの巨視的応答解析への道を開いた。


Copyright © Concrete Laboratory