Bernhard Hauke

自由度の縮退を一切行わない,完全立体3次元ひび割れ非線形応答解析を開発。単調載荷限定した範囲で,耐震補強効果の推定が数値的に可能となる。実用化には計算時間や効率等に難点があるが,福浦の多方向ひび割れモデルの組み込みで任意荷重を対象可能にした。

「土木学会吉田賞」を受賞。


Copyright © Concrete Laboratory

ハウケ