Hamed M. SALEM

Micro-bond modelによって、空間平均化tension -stiffness型構成則を導出し、実験による検証を行い、精度と適用範囲を従来のモデルから拡張させた。特に、低鉄筋比領域のtension-stiffnessでは、ひび割れの局所化が進むことによる領域寸法依存性を取り入れ、鉄筋比ゼロにおいて無筋コンクリートの破壊エネルギーに収束する完備性を求めた点が特徴である。この成果はCOM3に組み込まれた。


Copyright © Concrete Laboratory