小樽港100年耐久性試験
 

 近代黎明期の最初とも言える国家大事業・小樽港築港で使用されたコンクリート(総延長1300m、最大水深15mの防波堤)の試験サンプルです。
 1890年代の最先端材料であったセメント系材料の長期耐久性を実証するために、約5万個の試験体が作成され、自然・人工環境下におかれたこれらの試験体は、100年の歳月を経て、この平成に100年耐久試験が実施されました。世紀を超えた分析データは、C-S-H系材料において世界無二であり、長期耐久性の研究開発の貴重な情報です。この試験体は、内村鑑三と共にクラーク博士の元で学び(札幌農学校)、後に小樽港建設の総指揮をとった広井勇博士(1899年東京大学教授)によるものであり、火山灰中のポゾランを混入することによって厳しい海洋環境化でも優れた耐久性を発揮することを実証しました。
 小樽港は現在も補修することなく、北海の荒波から小樽の町を守り続けています。

歴史のページに戻る

 

Copyright (C) Concrete Laboratory