「誰か時間はかってみませんか?」