野球部 コンクリ・橋梁合同チーム

   

 

日程 試合結果 メンバー・成績 その他

今年のコンクリ・橋梁合同チームは準々決勝で敗退、
残念ながら昨年の再現はなりませんでした。
来年また強いコンクリ橋梁として帰ってきます。
ご声援ありがとうございました。

日程

予選

2008年10月21日(火) vs 柴崎・沢田竹内研 結果
2008年10月23日(木) vs 河川・土質研 結果

決勝トーナメント

準々決勝 2008年11月11日(火) vs 三年生 結果

↑top

試合結果

準々決勝 2008年11月11日 vs 三年生

  1 2 3 4 5 6 7 8
三年生 2 0 0 0 0 0 2 3 7
コンクリ橋梁 0 0 3 0 0 0 0 0 3

決勝トーナメントの初戦である準々決勝。初回、若さあふれる三年生に早くも先制点を奪われるも、3回で一挙に逆転し、その後は互いに我慢比べの展開となった。試合が動いたのは7回、ミスがらみでランナーの出塁を許したところから長短打を浴び再逆転を許す。さらに最終回には満塁から走者一掃の長打を浴び、万事休す。
コンクリ橋梁としては2回以降毎回ランナーを出したものの打線のつながりに欠けた。早めに追加点を挙げ小長井をラクに投げさせられなかったことが悔やまれる。また終盤は守備の乱れをきっかけに失点という予選同様の弱さが出た。攻守とも予選以降の準備期間に課題を解消できなかったことが準々決勝敗退の一因と言えよう。

 

予選第二試合 2008年10月23日 vs 河川・土質研

  1 2 3 4 5 6 7
河川・土質 0 0 0 2 0 0 0 2
コンクリ橋梁 0 0 1 2 0 0 x 3

岡村先生始球式に始まる試合開始前の両チーム和やかなムードから一転、緊迫した試合が展開された。序盤、相手投手の制球が乱れ、押し出しで先制。直後に長短打で逆転を許すものの、西川先生のセンターオーバーに運ぶ鮮やかな一打で再逆転し、このリードを守りきった。
この日も失点は失策がらみと、エース小長井に負担をかける形になっている。また打撃も橋梁研スタッフの活躍が目立つ。決勝トーナメントは11月中旬以降に予定されており、それまでに攻守の更なる強化が求められる。

 

予選第一試合 2008年10月21日 vs 柴崎・沢田竹内研

  1 2 3 4 5 6 7 8
柴崎・沢田竹内 0 0 0 0 0 2 0 3 5
コンクリ橋梁 0 0 4 0 1 1 0 x 6

序盤、主砲・藤野先生のイチローを髣髴とさせる満塁ランニングホームランでリードを奪い、優勢に試合を運んだ。終盤に先発・小長井に疲れが出たところを打ち込まれたが、小長井が最後まで粘りの投球を続け辛くも逃げ切った。コンクリ橋梁の失点は全て失策がらみであり、守備レベル向上の必要性が明白になった試合であった。
全般的に両チームとも小気味の良い守備で順調に試合が展開したため、予選第一試合としてはまれに見る、8回までに及ぶ熱戦となった。今後ますます熱を帯びていく岡村杯から目が離せない。

↑top

メンバー・成績 (全3試合終了)

氏名 ポジション 打席数 打数 安打 本塁打 犠打 犠飛 四死球 打率 出塁率 打点 得点
藤野先生 ファースト 6 5 2 1 0 0 1 0.400 0.500 4 1
牛田 DH 7 4 0 0 0 0 3 0.000 0.429 0 1
朝川 センター 9 9 3 0 0 0 0 0.333 0.333 0 1
千々和 ライト 6 4 1 0 0 0 2 0.250 0.500 0 0
本庄 ショート 8 5 2 0 0 0 3 0.400 0.625 0 1
小長井 ピッチャー 8 7 2 0 0 0 1 0.286 0.375 2 0
酒井 サード 8 7 2 0 0 0 1 0.286 0.375 0 0
堀切 セカンド 8 7 4 0 0 0 1 0.571 0.625 2 1
三浦 レフト 8 4 2 0 0 0 4 0.500 0.750 0 3
森光 キャッチャー 7 5 1 0 0 0 2 0.200 0.429 1 1
大胡 ファースト 4 4 0 0 0 0 0 0.000 0.000 0 0
白石 ショート 6 4 0 0 0 0 2 0.000 0.333 0 0
福家 ライト 6 6 2 0 0 0 0 0.333 0.333 1 0
肥田 DH 6 5 2 0 0 0 1 0.400 0.500 0 1
井上 DH 2 1 0 0 0 0 1 0.000 0.500 0 1
藤山 DH 2 2 0 0 0 0 0 0.000 0.000 0 1
DH 6 5 0 0 0 0 1 0.000 0.167 0 0
ベニー DH 1 1 0 0 0 0 0 0.000 0.000 0 0
ルアン DH 1 1 0 0 0 0 0 0.000 0.000 0 0
西川先生 DH 2 2 2 0 0 0 0 1.000 1.000 2 0
長山先生 DH 2 1 1 0 0 0 1 1.000 1.000 0 0
前川先生 DH 1 1 0 0 0 0 0 0.000 0.000 0 0
チーム   114 90 26 1 0 0 24 0.289 0.439 12 12

↑top

その他

お知らせ

10月23日(木)、コンクリ橋梁研−河川土質研の試合前に、岡村甫名誉教授を迎えての始球式が行われました。
岡村先生、ご多忙中にも関わらずご参加いただき、真にありがとうございました。

岡村先生の始球式は橋梁研の藤野先生を対戦相手として行われました。結果はセカンドフライ。現役時代を彷彿とさせる技巧派投手の真髄を発揮されました。(撮影:堀切)

始球式の後には前川先生がコンクリ橋梁研の先頭バッターとして打席に立たれました。真剣勝負の結果は残念ながら三振でしたが、大変鋭いスイングで会場を沸かせました。(撮影:川中)

 

2007年の野球部

↑top


Copyright © 2008 野球部

コンクリート研究室のページ